専門学校で保育士取得

保育士の資格を得ている方は年々増加傾向にあります。特に近年では、保育所(保育園)と幼稚園の先生の両資格を取得している方が多くなっています。それは、保育所と幼稚園が一緒になった認定こども園のことがあるからです。男性の先生も増えている現状があります。これは非常に良いことです。以前であれば保育所や幼稚園の先生は女性というのが当然でしたが、現在では男性の先生が増えて施設の雰囲気も変わりつつあるといえます。

さて、保育士になることで保育所で仕事が出来ることになります。保育士になるには、専門学校や大学・短大に入学して資格を得る方法や、資格認定試験に合格することにより保育士になれます。きっと皆さんは、将来は保育士になってもいいかなと考えている方もいるはずです。

保育士になるということは、生まれて間もない乳児から預かります。幼稚園は満3歳の誕生日の前日からの子供を預かります。これを、保育所も幼稚園も小学校の入学前の子供を預かります。皆さんが、もし保育所の先生になりたいならば小さなお子さんを育てるという使命感を持つことが大事です。規則正しい生活をすること、集団生活が出来ること、みんなで遊べること、その先生により拘りがあるはずです。これは徹底したいという意気込みも大事です。3つ子の魂、百までと言われるように、子供のときに育てられた環境は、その後の人生も大きく左右すると言われております。このことから、保育所の先生は非常に重責であることが理解できるはずです。保育士の資格を取得する方法、専門学校へ入学した場合の専門学校の長所、心構えを説明します。