保育士になるには

保育士になるには、学校に行き資格を得る方法と資格試験を受けて合格する方法があります。もちろん、教育実習もありますので、本当に保育所の先生になりたい人は、真剣に子供に愛情を注いで欲しいと思います。

さて学校に行き資格を得る方法といっても通常の通り学校に通い保育士という資格を得る方法もあれば、通信教育で実習はスクーリングに通わなければなりませんが、自分自身で勉強する方法があります。また、最近では科目履修生として保育士の資格を得るために学校に通う方もいます。一つの大きなポイントが教育実習になります。ある程度の実習経験というものが必要になる仕事でもあります。

また幼稚園の免許を取得していて、後に保育園の先生の資格を得たいという方もいます。これは、幼稚園での実習経験は加味され、それ以外の科目の試験を合格すると保育士の資格を得られることになります。科目の試験は都道府県で行われております。これを合格するために長年かかる人もおり、予算はかかりますが、合格しない科目を学校で取得して、保育士の資格を得ている人もいます。このように、国家資格の保育士の資格を得るといっても簡単に取れる訳ではなく、ある程度学習することが必要になってきます。

参照HP〔大原学園・専門学校|保育士コース

専門学校で保育士取得

保育士の資格を得ている方は年々増加傾向にあります。特に近年では、保育所(保育園)と幼稚園の先生の両資格を取得している方が多くなっています。それは、保育所と幼稚園が一緒になった認定こども園のことがあるからです。男性の先生も増えている現状があります。これは非常に良いことです。以前であれば保育所や幼稚園の先生は女性というのが当然でしたが、現在では男性の先生が増えて施設の雰囲気も変わりつつあるといえます。

さて、保育士になることで保育所で仕事が出来ることになります。保育士になるには、専門学校や大学・短大に入学して資格を得る方法や、資格認定試験に合格することにより保育士になれます。きっと皆さんは、将来は保育士になってもいいかなと考えている方もいるはずです。

保育士になるということは、生まれて間もない乳児から預かります。幼稚園は満3歳の誕生日の前日からの子供を預かります。これを、保育所も幼稚園も小学校の入学前の子供を預かります。皆さんが、もし保育所の先生になりたいならば小さなお子さんを育てるという使命感を持つことが大事です。規則正しい生活をすること、集団生活が出来ること、みんなで遊べること、その先生により拘りがあるはずです。これは徹底したいという意気込みも大事です。3つ子の魂、百までと言われるように、子供のときに育てられた環境は、その後の人生も大きく左右すると言われております。このことから、保育所の先生は非常に重責であることが理解できるはずです。保育士の資格を取得する方法、専門学校へ入学した場合の専門学校の長所、心構えを説明します。

専門学校に通う長所

学校に通いながら保育士の資格を得る方法で、専門学校に通い資格を得ることについて説明します。専門学校の良さは、保育士になるための授業が主に行われていることになります。大学ですと、大学として認められる勉強を行うために保育士以外の勉強もすることになります。そこで、短大や大学は多くの他の勉強にも時間をかけることになります。

皆さんは、大学に通いながら保育士の資格を得るのか、専門学校に通いながら保育士に資格を得るのかは本人次第です。しかし、それ以外にも通信教育で資格を得るという方法もあります。もちろん、今では通常の授業の分はビデオを見ることにより、実力を養成して試験で合格し単位を認定される人もいます。

このように考えますと通常、保育所の先生になるには専門学校に通い資格を得ることが一般的になっています。その背景には、大学や短大は、保育士関連以外の多くの勉強をします。それから、大学ですと4年かかりますが、専門学校ですと2年で済むことになります。大学と較べてみても短期間で現場に出られることになります。さらに、保育園の先生になる専門学校ですと、保育士の資格を得るための成功ノウハウを沢山抱えていることになります。それは、保育士になりたいという人が入学してくるからです。それを考えると保育士になるためには専門学校に通うことがベストと思われます。

保育士になる心構え

保育士になる心構えを説明します。小さなお子さんを預かる立場として、子供の成長を大きく左右するという責任感を持つことが必要です。ここで、保育所ですので保護者の方が様子を見ることが何度もあるはずです。人に見られることが恥ずかしいと感じる方は、合わない職業になるかもしれないです。逆に、子供を育てるやりがいのある職業と共に、保護者の方の意見も頂戴出来て自分の保育を指導する能力も高められる素晴らしい職業であるともいえます。

さらに多くの行事があります。入園式から始まり遠足、運動会、お遊戯会と経験することにより、子供も行事の体験として力をつけますが、教えている先生も力をつけることになります。そして、世間の常識を知ることにも繋がります。

もちろん、あいさつや決まりをきちんと行う指導や、発表する練習、工作すること、調理すること、仲間同士で助け合うこと、沢山の学びがあります。この学びを生かして、先生自身が成長していく気持ちを持ち続けることが必要です。その他にも様々な事情を抱えている子供を何人か預かることになるはずです。そこで、注意すべきことを気にして仕事をすることになります。気を配ることにより、子供たちにも人を思いやることや気持ちを考えることの大切さを知ります。目標にしている方は、是非保育所の先生になって欲しいものです。