保育士になるには

保育士になるには、学校に行き資格を得る方法と資格試験を受けて合格する方法があります。もちろん、教育実習もありますので、本当に保育所の先生になりたい人は、真剣に子供に愛情を注いで欲しいと思います。

さて学校に行き資格を得る方法といっても通常の通り学校に通い保育士という資格を得る方法もあれば、通信教育で実習はスクーリングに通わなければなりませんが、自分自身で勉強する方法があります。また、最近では科目履修生として保育士の資格を得るために学校に通う方もいます。一つの大きなポイントが教育実習になります。ある程度の実習経験というものが必要になる仕事でもあります。

また幼稚園の免許を取得していて、後に保育園の先生の資格を得たいという方もいます。これは、幼稚園での実習経験は加味され、それ以外の科目の試験を合格すると保育士の資格を得られることになります。科目の試験は都道府県で行われております。これを合格するために長年かかる人もおり、予算はかかりますが、合格しない科目を学校で取得して、保育士の資格を得ている人もいます。このように、国家資格の保育士の資格を得るといっても簡単に取れる訳ではなく、ある程度学習することが必要になってきます。

参照HP〔大原学園・専門学校|保育士コース